タクシーとハイヤーの違いってなんだろう?

終電を逃した、子供が熱を出したけど車を運転できる人がいない、旅行先で駅から目的地までの移動手段がない、といった時などに利用するのがタクシーですよね。もちろん、他にも営業で利用することもありますし、公共交通機関がなかったり、車がなかったりした時に利用するものですよね。

 

似たようなものの中に、ハイヤーというものがあります。最近ではあまり聞かなくなってきている感じがしますが、そもそもタクシーとハイヤーはどういった違いがあるのでしょうか?

 

タクシーとハイヤーの違いについて

 

基本的にタクシーとハイヤーの違いは、タクシーは使いたい時に都度利用する、ハイヤーは専属契約で動くことが多いことです。つまり、ハイヤーに関しては企業が契約し、役員の送迎などを行ってもらう、VIPのお客様の送迎に行ってもらうなどの利用になっていることが多いです。

 

タクシーは乗車分の料金になりますが、ハイヤーは拘束時間によっての料金になります。つまり、ハイヤーの方がかなり高額になることが分かりますよね。まあ、庶民はほとんどハイヤーを利用することはないと思っておいたら良いと思います。逆にハイヤーに乗せてもらえるということはVIPなんだなと。ハイヤーに乗ってみたいものですね。